ムリするのをやめたら上手くいった節約貯金5つのポイント

「貯金をするためには、節約をしなければならない」そう思い込んでいないだろうか。

私も常に無駄をなくそうと節約意識を働かせ、一生懸命に貯金をしようと試みたが上手に貯金することができなかった。

なぜなら、節約を楽しむことができていなかったからだ。

その後、我慢を繰り返してお金を余らせる節約貯金をやめた結果、一切のストレスを感じることなく貯金できるように変わった。

あなたがもし節約を楽しみながら貯金できているようであれば、おそらくこの記事が役に立つことはない。だが、もし私と同じように節約意識を働かせた結果、貯金が上手くできなかったのであればこの情報は役に立つといえるだろう。

1.「節約の定義」と「貯金のルール」

節約貯金

節約の定義は、「必要なモノだけにお金を使うこと」

貯金のルールは、「自分の欲求に従ってお金を使い、貯金を継続していくこと」

試行錯誤を繰り返した結果、私はこのように節約を定義し貯金を始めていくことに決めた。

1-1 節約の定義

まず節約の定義だが、「必要なモノだけにお金を使う」とはすなわち、何かを我慢して切り詰めるような節約法ではなく、無くても困らないモノに対してお金を使わないということだ。

そもそも必要なモノだけにお金を使う習慣になっていれば、節約の必要性を感じることも無いだろう。反対に、節約しなければならないということは、無駄なモノにお金を使う習慣があるということだ。

このように考えていくと、自分にとって「必要なモノ」と「不必要なモノ」の線引ができるはずだ。

1-2 貯金のルール

次に貯金のルールだが、「自分の欲求に従ってお金を使い、貯金を継続していくこと」とはすなわち、我慢して余らせたお金を貯金するのではなく、自分が貯金したい金額だけを気持ちよく貯金するということだ。

一般的には、収入を全て使ってしまうかもしれないという “恐れ” を未然に防ぐために「先取り貯金」や「固定貯金」を勧めていることが多い。その行為があなたの真の喜びなら問題ないが、もし無理に貯金していたとすれば、いずれその貯金は自分の手元から離れていくことになるだろう。

資産運用に備える三段貯金法』の記事で紹介しているように、自分に合った独自のルールをつくり中長期的に継続できる仕組みを構築していこう。

2. 節約貯金する前にやっておくべきこと

節約貯金をはじめる前に、自分の価値基準について理解を深めておいてほしいと思っている。

お金が貯まる人、貯まらない人。11の特徴』の記事で書いたように、自分のなかで「何が必要」で「何が不要」なのかを理解できずにいるうちは、取捨選択ができない。ということは、節約も上手にできないということだ。

まずは、今のあなたがどのような価値基準で構成されていて、それに対してどのようなお金の使い方をしているのか。また、そのお金の使い方が数年後、数十年後にどのように育っていくのかの見通しを立てておくことも忘れてはならない。

2-1 節約の基本はこの3つから

節約貯金

  1. (生きていくうえで)必要なもの
  2. (生きていくうえで)今はまだ必要なもの
  3. (生きていくうえで)不要なもの

ノートとペンを用意したら、画像のように1ページの中に3つの項目を書き込もう。

準備ができたら、現在あなたがお金を使っている対象物を各項目へリストアップしてみてほしい。ポイントは「生きていくうえで」必要であるか否かをハッキリさせておくことだ。

2-2 「不要なもの」にお金を使わないようにする

各項目へリストアップが完了したら、3つめの項目にある「不要なもの」に書き込んだ物へお金を使うのを止めよう。自覚しているとおり、不要に感じているものはドンドン手放していくことが大事だ。

2-3 「今はまだ必要なもの」はバランスを取る

次は、「今はまだ必要なもの」についての説明していこう。

この項目にリストアップされたものは、本心では「不要なもの」リストに書き込みたいと思っている。だが実際には、まだ手放すには惜しいものを記入しているはずだ。その場合は、無理に変える必要はない。

ここで無理強いをしてしまうと、ストレスになる可能性があるのでタイミングをみながら徐々に手放していこう。

2-4 本当に「必要なもの」であるかを見極める

最後に「必要なもの」についてだが、この項目へリストアップしたものがあなたにとって本当に必要なものなのかを、今一度考え直してほしい。

少し視点を変えてみれば、不要なものになることもあるだろうし、貯金を加速させることに繋がるかもしれない。

以上3つの項目に沿ってリストアップすることで、簡易的なお金の使い方(自分の)が理解できるはずだ。どの項目へ入れようか迷った際は、「どれがあなたにとって一番心地良い状態なのか」を基準に決めていこう。

3. 我慢して節約貯金したお金は、離れていきやすい

節約貯金

この項目では、具体的な例をもとに解説している。

一般的にはあまり知られていないことになるが、お金にも周波数があることを覚えておいてほしい。周波数というと理解しにくくなってしまうので、ここでは「周波数 = 感情」というふうに認識してもらえれば大丈夫だ。

3-1 節約貯金の秘訣は、食べたい肉を我慢すること?

例として、スーパーで美味しそうな肉があったとしよう。

その肉を見た瞬間、肉を焼いた時のイメージが瞬間的に頭のなかで浮かび上がったので、この肉を今晩のおかずに決めたとする。このときあなたの周波数は高くなっている。なぜなら、ワクワクしていて「喜び」や「楽しみ」の感情になっているからだ。

それから手を伸ばしカゴの中へ肉を入れようとした瞬間、あなたの思考が邪魔をはじめる。

「わたしは今、節約して貯金に励んでいるんだから、こんな高い肉を買うことは許されない」

「この肉を我慢して、こっちの安い肉にした方が少しでも多く貯金できる」

「せっかく節約して貯金に励む決意を固めたのに・・・我慢!我慢!!」

このように、思考が自分の喜びや楽しみを邪魔してくる経験を一度くらいしたことがあるはずだ。この瞬間、あなたの周波数は少し下がる。なぜなら、「我慢」「罪悪感」を感じ始めているからだ。

そして、このときが分岐点となる。

3-2 「食べたい肉」「安い肉」どちらが良い気分になれるか?

さて、あなたはこのような場面に遭遇した際に、どのような選択を自分へ与えているだろう?

このようなとき、ほとんどの人が安い肉に変えてしまう。なぜなら一時的には、安い肉を選んぶことで高い肉を買うより貯金の額を増やせるからだ。だがそれと引き換えに、自分の可能性も奪ってしまうことに気付いてほしいと思っている。

全ての選択において一番大切にすべきことは、あなたが良い気分になる選択を重ねていくことだ。したがって、「我慢」や「罪悪感」を優先してはいけない。

今回の例においては、自分の意のままに高い肉を選び、喜びや楽しみの感情を大切にしたほうが我慢して節約貯金するよりよっほど良いと言えるだろう。

このようにして喜びや楽しみの感情を積み重ねていくと、あなたの周波数は高まり、周波数が高まる出来事が増えていくことになる。

3-3「我慢を積み重ねた貯金」「喜びを積み重ねた貯金」

「我慢を積み重ねた貯金」と「喜びを積み重ねた貯金」では、貯めたお金の周波数が違う。

先の肉の例を引用すると、初めに食べたいと思った肉を選び、食べることで「喜び」の感情が増幅し、周波数が高まる。肉代を節約したわけではないので直接貯金が増えるわけではないが、あなたの周波数が高ければ同じ周波数の “何か” があなたの基に引き寄せられることになるだろう。

それがお金かもしれないし、もっと美味しい肉かもしれない。いずれにしても、今より良い気分を感じることがあなたの体験として現れることには間違いない。

「お金のあるところにはお金が集まる」という言葉を一度くらい耳にしたことがあるかもしれないが、その理由は集まっているお金の周波数が高いからだ。単に多くのお金を稼いで貯めれば良いというわけではない。

はじめのうちはなかなか理解できないと思うが、常に何かを選択する際に「どの選択が今の自分にとって最高の選択なのか」を真剣に感じ取っていくことを実践していってほしい。

4. 節約貯金は楽しむことが大事

節約貯金

冒頭でもお伝えしたように、楽しむことができなければ方法のほとんどは役に立たない。

だからといって、方法が役に立たないわけではなく、自らが率先して楽しめる要素を見つけ出す必要があるということだ。「節約」と「貯金」があなたにとって、どのような「喜び」や「楽しみ」になるのかを考え、実践していこう。

4-1 貯金も筋トレも継続が大事

何事も継続していく為には、心地良い状態を意識していくことが大事だ。

私はこの2年間、週の3〜5日を使って筋トレを欠かさず行っている。昔もやっていたのだが、半年以上継続することができなかった。その理由は、辛くなってしまったからである。

それがなぜ2年間も続いているのかというと、筋トレも貯金と同じように “今の自分に出来ることだけ” を意識して取り組んでいるからだ。我慢やムリをしていないから嫌になることがない。

それゆえに、この概念を取り入れてからの私は何かに挫折するという経験が一切なくなった。なぜなら、超えられる壁しか創っていないからだ。だから継続していくことができる。

4-2 節約をせずに貯金する方法

私は、節約の定義を「必要なモノだけにお金を使うこと」にしている。

そのため、我慢やムリをせずに楽しみながら貯金できる方法がないか考えた結果、貯金の額ではなく行為を楽しむ為に「小銭貯金」を始めることにした。この記事を書いている今でも大した額にはなっていないが、相変わらず定期的に小銭を貯金している。

なぜ、このように変化も小さく大金にもならない貯金を継続できているのかというと、自分のなかで楽しさを見出すことができたからだ。一般的には、収入の一部から貯金したい金額を引き抜き、貯め続けていく方法が多い。だが私の場合は、もっと自分に対してお金を与える頻度を増やしたいと思ったことから、小銭貯金を思い付いた。

「お金を使いながらお金を貯めることができる」これが小銭貯金をする最大の魅力だ。もし、あなたが節約嫌いで貯金に苦手意識があるなら、『小銭貯金』から始めてみてほしい。

4-3 節約が大好きなら、その知恵をお金に替える

もし、あなたが節約することが生き甲斐で大好きなことの1つになっているとしたら、それをコンテンツにしてお金に替える仕組みを取り入れていくと良いだろう。

今では個人でも簡単に情報発信ができる時代になり、環境を問わずお金が稼げるように変わった。とはいえ、必要最低限のマインドとテクニックを学んでおく必要はあるが、やる価値は大いにあるだろう。上手くいけば貯金を加速させることができる。

具体的な情報をここで教えることはできないが、コンテンツ作成においても同じように継続的な取り組みをしていくことが大事だ。自分のなかで好きなことは継続しやすいので、ぜひ検討してみてほしい。

5. 節約貯金の参考にしたい消費実態調査

節約貯金

この項目では、調査データをもとにして今後の未来を含めて論じている。

時代の流れに沿って生きていくことは大事だが、時代の流れに呑まれてしまってはいけない。身の周りに居る他人や環境に影響されてしまうのではなく、自立心を持って様々な選択をしていこう。

5-1 節約の基本は、外食を少なくすることから

平成26年全国消費実態調査』によると、

男性は「食料」への支出が最も多く,女性は交際費など「その他の消費支出」への支出が最も多い

というデータが出ている。(平成26年全国消費実態調査 P2より)

そのなかでも男女に共通しているのが「外食費」の上昇だ。

この外食費のもとになっている会合が、あなたにとって必要不可欠な環境であるならそのまま楽しんでもらって構わないが、本心では行きたくないのに付き合いで参加しているのであれば、今すぐ止めたほうがいいだろう。

なぜならその行為は、お金と時間を浪費していることになるからだ。もしあなたが本気で貯金をしたいのなら、取捨選択を侮ってはいけない。

ここでも同じように、自分にとって心地良い選択を心掛けていこう。

5-2 一般的には、支出は高く、貯金は低くなっている

それから支出のほかに一点気になることがあった。それが「貯蓄現在高」の平均値が下回っていることだ。これは、以前よりも物や食にお金を使う傾向が強くなっていることを意味している。

この情報は平成26年のデータに基いているので、昨年28年のデータを確認することができれば、おそらく今も上昇していることが予測できる。

その理由は、決済手段が現金からクレジットカードを含む電子マネーに移行しているからだ。

これまでにも『クレジットカード』の記事で伝えてきたように、手元にお金がなくてもお金が使える仕組みが増えてきているため、自己管理ができない者は予算を超えた支出を繰り返していくことになる。

もし、あなたがお金の使い方を含む自己管理能力を高めたいと真剣に考えているのなら、今すぐ改善していくことを勧める。

最後に

個人的には「節約」という言葉も意識も好きではない。

なぜなら、一般的には「我慢」や「ムリ」を重ねて行うものだと認識されているからだ。

だが、私が行っているように “たった今できること” を意識して取り組んでいくことで、気負いせず貯金に励んでいくことはできる。

今難しいと思っていることがあったとしても、目標設定したハードルを程よい高さに保ちつつ、中長期的に取り組んでいれば大丈夫だ。

亀のように遅くても構わない。ゆっくりと着実にゴールへ前進していこう。