お金のやりくりの仕方が上手になる3つのコツ教えます。

お金のやりくりの仕方

3つのコツを意識すれば、お金のやりくりの仕方を改善させることは簡単だ。

これよって、あなたのお金の管理方法は劇的に良くなっていくことだろう。

だが、お金のやりくりの仕方を知る前に、何故やりくりをしなければならないのかについても理解を深めておいて欲しい。詳しいことは以下で解説しているので参考にしてみよう。

やりくりとは

「やりくり」には、そもそもどのような意味があるのだろうか。

検索してみた結果、以下のように表示された。

[名](スル)不十分なものをあれこれ工夫して都合をつけること。「運転資金の―をつける」「時間を―してデートをする」goo 辞書より

言い表し方は他にもあるが、要するに何かに対して “欠けている意識を持っている” ということになる。もし、このように欠けている意識のまま行動に移していたとしたら、同じような結果を体験し続けるだけなので今すぐやめよう。

以下で類似の記事と併用しながらお金のやりくりの仕方について解説しているので参考にしてみてほしい。

1. お金持ち思考になる上手なお金のやりくりの仕方

お金と引き寄せの法則』でも書いたように、お金が不足しているという意識から「やりくり」をしたからといって結果が改善されるわけではない。

それゆえに、お金に苦労したくなければ「お金の不足」ではなく、「お金の充足」を感じれる状態づくりを優先させることのほうが大事になる。その為にもまずは、自分にお金を与える習慣を当たり前の基準にしていくことから始めよう。

一般的には、毎月の収入からお金のやりくりをすることで余ったお金を貯金するように教育や教えを受けていることが多い。だが、その優先順位でいる限り、お金のやりくりが改善できてお金は貯められたとしても、お金に自由を感じることはできないだろう。

なぜなら、他人に支払うことを優先したお金の使い方をしているからだ。したがって、上手なお金のやりくりの仕方がしたければ、他人ではなく自分を優先にしたお金の使い方をする必要がある。

私は、『自分にお金を与える』ことによって5つの確かな手応えを感じることができた。是非あなたにもこの手応えを感じて欲しいと思っている。

2. 自分に与えてからお金のやりくりの仕方を改善する

以下でお伝えしていることは、私が実際に行った改善策になる。

まずは「1」でお伝えしたように、「自分にお金を与える習慣を当たり前の基準にしていくこと」から始めていく。

これについては、『30代 貯金の仕方|ゼロからお金を貯めることに成功した三段貯金法』の記事で詳しく解説しているので参考にして欲しい。

2-1. 割合か固定で貯金を確約する

毎月貯金する額は、あとでいくらでも改善できるので、まずはお金の習慣を変えていくためにも少額を貯金口座へ入金することから始めよう。

貯金するうえで必要となる基本的な概念については、『貯金口座におすすめの銀行3社&貯金を成功させる3ステップ』で解説しているので参考にしてほしい。

ここで大事なことは、兎にも角にも自分が心地よくなる金額を自分のために納めていくことだ。間違っても苦痛になるようなお金の貯め方をしてはならない。

2-2. 固定費の見直しからお金のやりくりの仕方を改善する

自分にお金を支払うことを決めたら、次にお金のやりくりの仕方を改善する為に固定費の見直しをしていくことを勧める。

赤字家計からの脱出』でも解説しているように、あなたが何にお金を使っているかを記録し、自分自身を知ることから全ては始まる。小手先のことだけではなく、本質的な視点で解決策を見出していこう。

特に近年の傾向を見ているとクレジットカードや電子マネー決済での支払いが主流になってきているので、お金の使い方が麻痺してきてしまっているようにも思う。無理強いはしないが、お金の使い方を改めようと困惑しているようであれば早めに改善していくことを勧める。

3. 分割支出法を使ったお金のやりくりの仕方

分割支出法とは、一月に使う支出分を週ごとに分けて使っていくお金のやりくりの仕方になる。節約したいときや貯金をしたいときにも効果的な手法になるので、参考にしてみてほしい。

具体的な方法は、以下で解説している。

3-1. 生活に必要なお金は4〜5週に分けて使う

以前までの私は、一月に5万円の自由に使えるお金があったら、使いたいときに使うようなお金の使い方をしていたのだが、ある時を堺に一月に使える金額を週で割って計算してから使うようになった。なぜなら、次の収入が入る前にいつも財布の中に小銭しか残らないようなお金の使い方をしていたからだ。

そんなことを繰り返し何か改善できる点はないかと考えた結果、分割支出法が閃いたというわけだ。

私は一ヶ月を4週に分割してから一週間単位で支出に使える金額を割り出しているが、他のブログで紹介しているように5週の方が使い勝手が良ければそうしてもらって構わない。

大事なことは、「どのような選択をすれば、あなたが良い気分でいられるか」だ。したがって、私のやり方にあなたが合わせるのではなく、あなたがあなたに合わせることを優先していなければならない。

3-2. お金を使い切らずに余分に残すやりくりの仕方

このように分割支出法を使う際は、できれば週末や月末でお金を余らせる習慣を身につけてほしいと思っている。というのも、まともに使い切っていてはお金のやりくりの仕方を改善させることは難しいからだ。

ここで余らせたお金を『小銭貯金』にあてても良いし、自分が良い気分になるような使い方をするのも良いだろう。

要するに、あなたのもとに入ってきたお金をどのように管理すれば、もっと自分が良い気分になる使い方をすることができるのかを考え実行するということだ。

はじめのうちは難しく感じるかもしれないが、『三ヶ月スパンで取り組めば成長でしかない』を受け入れて継続的な取り組みをしていれば、できないはずがない。

まとめ

以上のように3つのコツを取り入れながら実践していくことで、お金のやりくりの仕方は改善できる。

単純に入ってきたお金が出ていくだけの使い方をするのではなく、お金の管理を学び、自分で賢く使っていく意志を持たない限り、いつまで経っても同じ問題が付き纏う。

また、方法論だけで改善できることではない。つまり、行動を変えるためには意識を変える必要があるので、まずは意志をどの方向に向けるのかを決めたうえで実践していこう。

習慣は、あなたに劇的な変化をもたらす。