お金は使えばより多くのお金が入ってくるの本質

お金 使えば 入ってくる

お金を使えば多くのお金が入ってくると聞き、いつもより多くのお金を使ってみたが、お金が増えたという痕跡は1つも見当たらないと、不思議に感じた経験はないだろうか。

もし同じような現実を体験している場合は、お金を使う際に自分が発する感情を意図的にコントロールすることができれば、「お金は使えば入ってくる本質」の理解を深めていくことができるだろう。

人それぞれが持つ信念によって変化するタイミングは違うが、やってみる価値はあるはずだ。

1. なぜ、お金は使えば入ってくるのか?

「お金は使えば入ってくるの本質」を理解する為には、お金の使い方ではなく、お金を使う際に発する感情を前向きにしている必要がある。

言い換えるなら、お金を使う際に発している感情を後ろ向きのままにして使っていたとしたら、本質に反した現実創造をすることになるということだ。以下3つに分けて解説しているので参考にしてみてほしい。

1-1 自分が与えたものが返ってくる

与えると聞くと物質的なモノや行為を連想しがちだが、そもそもこの認識に違いがある。

自分が与えたものが返ってくるとは、あなたが発する「周波数」が与えたものになり、その与えた周波数がそっくりそのまま、もしくは何倍にもなって自分のもとへ返ってくるという宇宙の法則をあらわしている。

周波数と聞くと理解が難しくなってしまうので、ここでは「 周波数 = 感情 」と認識しておいてもらえるとわかりやすいはずだ。したがって、お金を使う際に自分が発している「 周波数 = 感情 」を前向きにしている必要がある。

1-2 お金を使ったときの行為ではなく “感情 ” が返ってくる

以下では、「 周波数 = 感情 」(以下、感情のみとする)であることを前提に話を進めていきたい。

ひとつ例を出そう。

Aさんは「お金は使えば使うほど多くのお金が入ってくる。なぜなら、お金があることでより多くの体験ができ、自分の喜びに変えられるからだ」という信念を持っていたとする。

一方Bさんは「お金は使えば多く入ってくると聞いたので私も同じようにお金を使ってみたが、いつもと何ら変化はなかった。なぜ私はあの人のように上手くいかないのだろうか?」このように、実践する前と変わらない信念のままだったとする。

Aさんから解説していこう。Aさんは、お金に対して前向きな信念を持っているため、罪悪感やネガティブに感じる要素がない。むしろその反対で、お金があることが自分の喜びになり、お金を使えばより多くの体験をすることができると思っている。このように信じ切っているので、その感情と一致するような出来事が引き寄せられるのだ。

では、Bさんはというと、別の言い方をすれば「あのパワースポットへ行って奉納すればお金がたくさん入ってくるよ」と言われて同じことをしているようなものだ。他人の意見や情報に頼るばかりで、自分がお金を使ったときの感情を大切にしていない。

「あの有名人が言っていたから」「テレビで言っていたから」「あの情報誌に書いてあったから」ではなく、あなたがそれをしたときにどのように感じるかを常に意識することが大事なのだ。

1-3 見返りを求めても効果がないのは自分の喜びになっていないから

「自分が与えたものが返ってくる」と聞くと、神社へ行き奉納して見返りを求めたり、周りの人に対して無理に良い人ぶって見返りを求めるような与え方をしてしまった経験はないだろうか?

私も同じように解釈し、同じように行動してきた経験があるが、本質はそうではなかった。本質は、対象「物」にあるのではなく、あなたがそれをしたときにどのように感じるかの「感情」にあったのだ。

したがって、自分が常に発している感情をコントロールできるようになると、体験することも変わってくるということになる。

2. 自分の喜びにお金を使えば良質なお金が入ってくる

自分の喜びとなり「種」となる「感情」が大事だいうことは理解いただけただろうか。次は実践編についてお伝えいこうと思う。「お金を使えばより多くのお金が入ってくる」という現実を創りたければ意図するしかない。

だとしたら、意図的に自分の感情が前向きになることをしていく以外の方法は、無いと言えるだろう。以下で3つの参考要素に書きまとめているので読み進めてほしい。

2-1 自分の喜びを徹底的に研究してみること

あなたの喜びは、一体どんなことだろう?

お金と引き寄せの法則』でも自分が良い気分になることについて触れているが、あなたが良い気分になる為にはあなた自身が意図して良い気分になれるための「ツール」「素材」「環境」「モノ」を知っておく必要がある。なぜなら、あなたにしかあなたを良い気分にさせることはできないからだ。したがって、自分を知ることから始めていかなければならない。

ここでいう “良い気分” とは、お金に関連していなければならないということではない。どんなことでも良いのだ。

話をすることが大好きなのであれば、話ができる状態を意図して自分に創ってあげること。スポーツをすることが大好きなのであれば、スポーツができる状態を意図して自分に創ってあげるよう努めていこう。

2-2 自分の感情と同じ周波数を持つお金が入ってくる

先に伝えたことは、一見お金とは無縁のように思うかもしれない。しかし、お金にも周波数はある。

常に人間は「 周波数 = 感情 」が一致していることを体験しているので、お金を受け取ったときの感情が喜びの感情と一致していれば、喜びの感情と一致しながらお金を受け取ることができるということだ。

私は意図して『小銭貯金』を繰り返し、このような体験をすることになった。その他にも投資を視野に入れた『貯金の仕方』についても書いているので合わせて読んでみよう。

2-3 「お金が無い」と感じてしまう場合の改善法

「お金が無い」という感情のまま「お金が欲しい」という感情を発することはできない。なぜなら、人間は常に1つのことにしか集中することができないからだ。したがって、常に自分がどのような感じ方をしているか、察知する努力をしている必要がある。

そのためにもまずは、なぜ「お金が無い」と発してしまうのかを自覚していくことからはじめていこう。

お金が無いと思ってしまう根本の原因は、自分に対してマイナス評価している部分があるということだ。したがって、それに逸早く気付いてしまったほうが「ホッとして、安心する」ことができる。

例えば、今の支出が赤字になっていた場合に「赤字を負担できるお金が欲しい」という願望を発しても、根っこの部分では「お金が無い」と発してしまっているので、同じように「赤字を負担できるお金が欲しい」という現実が引き寄せられる。

このように意図してしまっている人は意外に多いが、赤字を負担するためのお金を欲するくらいなら、赤字の改善に務めたほうが心の底からホッとして安心することができるだろう。

私も同じような経験をしてきたが、『赤字家計からの脱出』に書いていることを実践していったのちに改善できるようになったので、ぜひ参考にしてほしい。

まとめ

このような概念を知ったばかりの頃の私は借金に追われていたこともあり、信じるに足らなかったが今ではよく理解している。

お金とは一体何なのでしょうか?と質問されたとしたら「お金は己の分身」と答えるように、「お金を使えば簡単にもっと多くのお金が入ってくる!!」と躍起になってお金を使ってみたり、疑いを持ったまま行動に移しても、その感情から発せられた結果と同じ体験を繰り返すだけだ。

お金のことになるとお金そのもので変化をもたらそうとしてしまうが、そのお金を持つ本人がお金に対してどのような「感じ方」「接し方」をしているかで、お金の巡りは大きく変化していくことになる。